鮎−AYU−疑似餌研究所


所長:久保浩一(関西在住)  
ご存じ、釣りの研究所と言えば久保所長。
元バストーナメントプロでありながら、フライ、渓流などにも精通し、近年では、ソルトフィッシング全般の開発を行う。
鮎との出会いは、イブニングライズを狙っていた時に、たまたま食い付いた鮎、
小さいながらに、スピードが半端でない事に気付き,数十年前には鮎の友釣りの経験も持つ。

鮎釣りという視野からでなく、釣り全般から得た経験を元に今後の研究にこうご期待!

 


所員 村田寅(東北在住)
自称?闘将村田満の最後の弟子!
年少より地元河川で鮎釣りに目覚め、学生時代は全国の河川を鮎釣り行者した経験を持つ。
鮎のスタイルは師匠譲りのランガンスタイル。
2011年より、密かに鮎疑似餌釣りの研究テーマをかかげ、目下、研究中

 
 
 HOME │ 会社概要 │ 採用情報 │ プライバシーポリシー │メールでのお問い合わせ   このサイトの情報を無断で転載することを禁じます。
Copyright(C) 2010 KATSUICHI CO.,LTD. All Rights Reserved
.