REAYU CONCEPT

フラッグシップモデル REAYU は 「REAL」 な「AYU」 からの造語である。
カツイチは鮎釣りをクリエイトする会社として、大きな意味で「再び 鮎を」というメッセージも入れている。

約20年前、バブル経済ともに、鮎の友釣りは空前のブームとなった。
そしてその資金力は技術力、競技力を向上させ、
20年後、大きな壁となり、本来の鮎の友釣りとは違う壁が出来上がってしまった。

そう釣人なら誰もが言う「敷居の高い釣り」だ。
誤解はされるかも知れないが、競技そのものを否定している訳では無い

話は数年前にさかのぼる。鮎釣りをしていてある漁協関係者からこんな話しを聞く。

「のう、何故、若い世代は、鮎がおる清流ではなく、隣のため池でルアーフィッシングをしているんだ。休みにもなれば同じ池にとっかえ、ひっかえ釣人が訪れる。いつから日本の魚に興味が無くなってしもたんだろうか?あんたみたいに若いもんが鮎釣りしよらん」

一般客への問いかけだったが、答えに詰まった。
そんな会話が、REAYUが始動のきっかけとなった。
みんなが気付いていない「ボタンの掛け違い」のようなものが今の鮎釣りにはある。
そうしてフラッグシップモデルの「REAYU125S」の開発が始まった。

ただ本当に鮎友釣りの楽しさは、次の世代に伝わっていたのか?
メーカーもテスターも全員、伝えたと思っているだけで、伝わっていないのではないか?

友釣りは世界でも類を見ない最高に面白い釣りだ。
でも、そこにたどり着く前にやるべき事もあるはず。

川は魚道が設置されたりして、よみがえっている。

「鮎」は日本を代表する魚、加えて「日本古来のゲームフィッシュ」である。
REAYUの本質は「鮎のゲームフィッシング化」である。
そしてそ本質のコアは、もちろん川に釣人が帰ってくる事
そんな観点から 再び鮎に取り組くむスタイルがリアユである。

 
 
 HOME │ 会社概要 │ 採用情報 │ プライバシーポリシー │メールでのお問い合わせ   このサイトの情報を無断で転載することを禁じます。
Copyright(C) 2010 KATSUICHI CO.,LTD. All Rights Reserved
.