メニュー

Kgフック20周年スペシャルサイト - 株式会社カツイチ

Kgフック20周年スペシャルサイト

 

Kgフック20周年スペシャルサイト

kg20th campaign info960

 

 

 

kg20th hook 750x80

 

 

【Special contents】KG Hook Story ~キロフック20年の歩み~

technology

~ 誕生 ~

キロフックはミレニアムイヤー2000年夏に発売を開始しました。20年前はバスフィッシングのトーナメントブーム真っ只中で、琵琶湖を中心としたパワーゲームのトレンドに呼応すべく開発されたのがキロフックであり、キッカーとなるキロフィッシュをフックアップさせる願いをこめてKG‐HOOK(キロフック)とネーミングされたのです。

 

当時は競技にふさわしく、メッキ被膜も薄め、ラインアイも業界でも珍しくスモールアイ、極力無駄を省いたレーシングスペックといったものでした。

その後はバスフィッシングも様々な変革期を迎えトーナメントから空前のビックバスブームへ移行します。キロフックの赤針やデカバス対応の太軸のキロハイパー、バルキーなワームに対応するキロフックWide、ビックワーム対応のキロフックマグナム等、様々なファミリーが増えていきました。

Kg Hook Family

worm17 thumb

Worm17 KG Hook

 製品の詳細は画像をクリック 

worm25 thumb

Worm25

KG Hook Wide

worm13 thumb

Worm13

KG Hyper

worm17r thumb

Worm17R

KG Hook R

worm417 thumb

Worm417

Ringed Kg Hook

worm26 thumb

Worm26

KG Hook MAGNUM

~ マイナーチェンジ ~

さてこの20年変わらない品質・フォルムのキロフックですが、いくらフリークの皆様でも気付かれにくい唯一大きく外観が変わった点がございます。

 

それは、アイの大きさです。

内径が12年前に10%UP、そしてその5年後には更に約10%UP、 段階を踏んで拡大しました。

 

このたび記念すべき初回ロットを自社工場品質管理の為に保管しておりましたので、是非ご紹介させていただきたいと思います。

kg story

 

アイが大きくなった理由としてはルアー世代の老眼がはじまった(笑)・・・

からかもしれませんが、もちろん主因というわけではなく、その背景には2008年にDECOYの中から

「Tuned Plus」という、フックをチューンして特化させるサブブランドが誕生したことに起因します。

 

tuned plus title2

Tuned Plus Series

※以下のTuned Plus製品は全てベースフックとして、キロフックが採用されています。

 

worm102 thumb

Worm102

S switcher

worm104 thumb

Worm104

W switcher

worm417 thumb

Worm417

Ringed Kg Hook

worm117 thumb

Worm117

HD Hook Offset

worm217 thumb

Worm217

ZERO-DAN

worm317 thumb

Worm317

ZERO-DAN Heavy

ヘビダン・ゼロダン等のチューンされたスイベル付フックに加え、ワームのスイミングに特化させたウェイト付フックや、ラインアイをスナップで接続するシーンも増えました。昨今のリグの多様化に伴い、アイの役割がラインを結ぶだけではなくなり、マイナーチェンジへとつながりました。

 

kg20th fish

 

 

さらに、アングラーのステージの変化へもキロフックは対応しました。バスというカテゴリーを超えソルトウォーターの釣りにおいても、黄金比率というべき形状と、ブラックニッケルメッキの高耐食性は相まって、ロックフィッシュやフラットフィッシュをはじめとする様々なターゲット/リグに対応することができたのです。

 

 

~ 生産性と能力の向上 PRIDE OF JAPAN MADE ~

カツイチの釣り針は100%国内自社工場にて製造・品質管理されています。

外観で見えないものとして20年間で大きく生産技術も進化しました。キロフックは誕生から現在にいたるまで自社工場生産にこだわり、各種最新の精密工作機による技術を導入し、針の安定した成形を実現しております。

 

 

k2 image

hook dark

 

また針に命を吹き込む熱処理加工においては、独自の最新処理加工「K2-GRID製法」を確立させたことにより、飛躍的な強度の向上と、業界随一のコストパフォーマンスの実現へとつなげる事が可能となりました。

当社が製造する針の大きな役目として、アングラーと魚をリンクさせ、確実にランディングに持ち込む事があげられるでしょう。この特殊な独自熱処理によって、ビックフィッシュを狙うお客様からは、他社よりもデコイの針は圧倒的に「折れ」が少なく、安心して使い続けられると評価のお声をいただいております。

 

キロフックは発売から入り数を減らしたサイズが一部ありましたが、半数以上のサイズで販売価格と入り数を20年維持してきました。材料・物価・様々な生産コストが上昇している昨今、これを可能にした理由は何でしょうか? 

 

実は、お客様から「リピートで選び続けていただけたこと」です。

 

お客様からの評判やリピート購入いただけることは自社生工場の技術者へ届きます。

モノづくりをするものにとって、計画的な生産は定期的な保守点検等が行う事出来、安定した品質に導きます。

その積み重ねで企業は成長し、更なる品質技術改良・生産性向上を導く機材への投資に変わりました。つまりリピートしていただけることに我々の技術も共鳴し、上昇する生産コストには効率化によるコスト削減で正対し、結果的に品質を向上させながら、販売価格を20年間維持できたのです

 

つまり、キロフックはお客様からのご愛顧で針化して20年歩んできたのです。

 

TOY

 

おかげさまで、ルアーマガジン誌の2004-2019年の16年間でフック部門16年連続の入賞。

うち、TACKLE OF THE YEAR( 第1位)を10回受賞

お客様から、驚異的な支持をうけている

KING OF OFFSETの地位を確立しました。

 

 

 

最後になりましたが、皆様にには20年の長きに渡るご愛顧に重ね重ねお礼申し上げます。トレンドの移り変わりが激しいなか、「大事に使って頂く為に大事に造る」自社製造スピリットで、釣り人に喜んでいただけるモノづくりで今後もスタッフ一同尽力いたしますので、倍旧のご支援のほどよろしくお願い致します。

 

あっ・・・ここだけのお話ですが、新しいキロフック ファミリーも開発中ですので来年また是非ご期待ください。

 

 

 

kg20th hook 750x80

 

 

【オマケ】Which one is the KG!? ~キロフックを探せ!!~

さて以下の写真の中にキロフックWorm17が1本だけあります。あなたはどれが正解かわかりますか?

※ちなみに全て現在発売中のDECOYのオフセット系ワームフックです。同じものは二つとありません。

 

kg20th which

 

↓正解だと思うアルファベットをクリックして下さい↓

 

A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S

 

一発でわかったアナタはKG FREAK(キロフリーク)と言えるでしょう!!

 

kg20th hook 750x80

Copyright © KATSUICHI CO.,LTD. All Rights Reserved. [ login ]